ホームスタッフBLOG
スタッフBLOG
スタッフBLOG:224
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 12 次のページ»
2018年01月22日
日本コバと呼ばれる珍しい名前が山頂についている山に行きました。
藤川谷よりのルートが一般ですが今回は筒井峠より入りました。
林道は冬季封鎖ということでしたがゲートなどが無く、恐る恐る運転してなんとか
登山口に到着。
夏でもあまり人が入らないルートなので冬は完全な貸切でした。
スノシュー、かんじき、それぞれの道具で新雪を楽しみました。
冬山の魅力は夏と違いどこでも歩けるということ。
泥の斜面や落石が多いルンゼのような箇所でも雪のおかげで直登できます。
ルートを外してしまいましたが無理やりな軌道修正で山頂を踏めました。
地図読みと現在位置の把握には神経を使いますが静かな冬の山はやはり素晴らしい。

山本

2018年01月05日

あけましておめでとうございます。

もう年末かぁ・・・
一年早いなぁ・・・

なんてぼんやりしていたら、あっという間に年を越してました。

特別なことはなにもないですが、家族みんなで無事に新年を迎えることができ「なにより幸せじゃないか~」とお雑煮の餅をのばしながら思った次第です。

みさなまはどのような年越しだったでしょうか。

昨年中は大変お世話になり、本当にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


営業企画部
ミズタニ

2017年12月25日
君ケ畑の集落より雪が目立ち始めたが、まだ2駆の軽自動車でも走行可能だった。
行けるところまで進もうと決めて、どんどん奥に進んだ。
幸い登山者用の駐車場まで入ることが出来たので、そこで着替えをして入渓。
長靴での渡渉は快適で、どんどん距離を稼ぐ。
今日は山頂まで詰めることなく、堰堤でゴールとした。
雪の沢はただ美しかった。
営業企画部 山本
2017年12月11日
僕の住んでいるすぐ近くには、
山を切り開いた大きな公園があり、
絶好の散歩道があります。

久しぶりに子供たちと散歩しに行きましたが、
運動不足がたたって、足がパンパンに。
せっかくの、いい風景も楽しむことなく、
必死な散歩でした。

営業企画部 渡邉
2017年12月01日

友人とお茶をすることになり、「行ってみたいお店があるから、現地集合しよう」と言うので支度をして車に乗り込み、LINEで送られてきたお店の場所をナビで検索。

あれ?ここって…

年に1回、多くても2回ほどしか通らない、山を越える道沿いにぽつんと佇む落ち着いた雰囲気の建物。
2年前くらいから通るたびに、なんの建物?とぼんやり思ってはいたのですが、前を通るだけで看板の文字がきちんと読み取れず、「蕎…?」お蕎麦やさんでもできた?と、ほとんど気にも留めていませんでした。

ナビはその建物の場所を指しているのです。
行ってみて看板をあらためて見てみると…

「珈琲 菱屋」

…蕎麦屋ちゃうやん。
お店の裏にある大きな池や木々を眺めながらおいしいお団子と珈琲をいただけて、ゆったりした時間を過ごせるとっても素敵なお店でした。

お店の方に、いつから営業されているんですか?と聞いてみると「もう11年くらいですかね~」と。

…気づくの遅っ。
2年前どころじゃなく、ずーっとここで営業されていたそう。
普段どれだけぼんやり生きているんだ私は。
もっと早く行けばよかった~


営業企画部
ミズタニ

2017年11月21日
11月にもなると沢の水もいよいよ冷たく感じる。
漬かるのは腰までが限界でそれ以上になると本当に辛い。
カッパを着て滝を正面より挑んで突破するのも水量次第での判断となる。
手も足もかじかむ。ロープを出し後続の確保のためしばらく水を浴びて全身が冷えた。
それでも沢とサヨナラを言いたくない。
今朝通勤中にふとバックミラーを見ると鈴鹿の山が白い。
もう雪か、、、。秋は短いなと寂しい気持ちで会社に向かった。

ヒミズ谷 綿向山 鈴鹿山系

営業企画部 山本
2017年11月02日

ごはん(炭水化物)だいすきなわたし。

最近「いっぱいおかずが食べたい!」欲が出てまいりました。
まぁ、食いしん坊ってことになんら変わりはないのですが。。。

小鉢がたくさんのランチや、おかずが選べる定食屋さんなんてもう、最高…!

今年もやっぱり、
食欲の秋。です。


営業企画部
ミズタニ

2017年10月25日
鈴鹿の山は南北に長く、標高はせいぜい1200メートル程度で低山とされている。
憧れを抱く北アルプスや中央アルプスよりスケールは小さい。
他の山域のことをあまりよく知らないが鈴鹿の山を歩いていると人と山の歴史を感じる。
かつては近江より伊勢に抜けるには鈴鹿の山の峠を超えて往来することが多かった。
様々な人たちが歩いてきた道は今でも登山道として利用されている。
炭焼き窯跡や旅の無事を祈った巨岩など確かに歴史を感じられる。今より山は人々にとって身近な場所だったのだろうと思う。
私も鈴鹿に岳人として育てられた。初めての冬山も鈴鹿だった。
白の世界。音が無い世界、春は新緑がまぶしく命を感じる世界。
いつの季節も私は山の虜だった。
今月に入り天候の関係でなかなか山を訪れることが出来ていない。
もうすぐ紅葉で夏の名物である蛭ももう休眠している。
どうやら鈴鹿に恋をしているようで、今は遠くから山を眺めて募る気持ちを抑えている。
営業企画部 山本
2017年10月17日
先日、娘の七五三の撮影に行ってまいりました。
着替えに、1時間、撮影に30分と大泣きで撮影をあきらめかけましたが、
奇跡的にも、笑顔がもどり無事撮影終了。
あきらめない心を学びました。

営業企画部 渡邉
2017年10月03日

大阪城・西の丸庭園で開催された「レキシ」というアーティストのライブに行ってきました。

タオルやTシャツなど定番のグッズもあるのですが、レキシでいちばん売れているグッズは…「稲穂」。

曲にあわせてブンブン振るための造花ならぬ、造稲穂。
しかも振るのは1曲だけです。笑

もちろんわたしも全力で振ってきました!
ゆらゆら揺れる1万人の稲穂は圧巻でした。
(ナウシカのよう…)

ゲストには大阪府知事や吉本新喜劇の方々も登場し、胸いっぱいの最高ライブでした!


営業企画部
ミズタニ

2017年09月27日
毎年秋になれば行こうと決めている沢があります。
山秋谷と情緒のある名前です。ピークは三池岳となります。
水量も少なく困難な箇所もそれほど無くゆっくり歩いて沢を感じました。
本当は紅葉のシーズンがベストですが秋を感じ始める季節になったので入渓しました。
水量の多い沢筋を詰めて行けば迷わず山頂に出てそこでおにぎりをほおばります。
風も穏やかで涼しく、ほどよい疲労感で幸せでした。

営業企画部 山本
2017年09月13日
8月の終わり、
地元の花火大会に行きました。
間近で見る花火は迫力があります。
夏は暑くて大変ですが、
花火大会に行くと、夏の終わりを感じ
なんだかセンチメンタルな気分になります。

営業企画部 渡邉
2017年09月01日

ひとあしお先に、
食欲の秋です。

まぁ、年中食欲はあるんですけどね。。。

増えゆく体重も自分のせいではなく季節のせいにしてしまいたいわね~なんて今日この頃です(自分に甘すぎて一生痩せられない)

先日東京へあそびに行った際、お友達が代官山にあるカフェへ連れて行ってくれました。
モデルの梨花さんがプロデュースしているところだそう。

え~そんなのぜったい量すくないよ~お腹いっぱいにならないよ~

と思っていたのですが、とっても分厚いカツオのたたきやカボチャのサラダ、とにかくお野菜がもりもりのプレートでお腹がパツパツになりました。

パツパツだけど、
野菜多いし。
パツパツだけど、
五穀米だし。

罪悪感を感じることのない、しあわせランチでした!


営業企画部
ミズタニ

2017年08月11日
我が家に新しい家族が出来ました。
魚なのに泳ぎが苦手なピンポンという金魚の
ピンちゃんとポンくん。
なんとも愛嬌のある体型はなんだか和ましてくれます。
上手に育てると、テニスボールぐらいの大きさになるそうです。
それはそれで怖い・・・

営業企画部 渡邉
2017年08月01日

大阪にあそびに行って食い倒れてきました。
関西といえばやっぱり「粉もん」がおいしいですよね~

わたしの出身であり、籐芸のあるここ、
三重県。

関西?近畿?中部?
ってゆうか、どこ?
なんてよく聞かれたりします。三重県あるあるです。

位置的にも中途半端といえばそうですが、いろんな文化が入り混じっていて、個人的には大好きです。
たとえば全国的に、とくに西と東で分かれるこちら。

粉もん(とくにお好み焼き)って、おかず?主食?おやつ?問題。
略して「粉問題」。

これも三重では(と言ってもわたしの周りだけですが)家庭によって、人によってバラバラだったりします。

おかずになんてならない!というひとも、
なんならごはんに乗せるよ?というひとも、
部活帰りにおやつで食べるもんじゃないの?というひとも。

近所に住んでいるのに「え!」と驚くことがあったりして、なんだか面白いです。

え?わたしですか?
わたしはどれでもイケる派です。(ドヤ顔)


営業企画部
ミズタニ

2017年07月10日
先日、自宅から徒歩5分の展望台へ向かい、
四日市の夜景を眺めてきました。
奥に見えるのはコンビナートの明かり。
月明かりとのコラボがとてもきれいでした。
自宅近くに、このような場所があると得した気分になります。

営業企画部 渡邉
2017年07月03日

おさんぽしていたらアジサイがとってもきれいに咲いていたので、おもわずパシャリ。

季節を感じられるお花を見るたび、日本に生まれてよかった~なんて思ったりします。

サクラ
コスモス
キンモクセイ

…メジャーどころしか思いつきませんが。笑

わたしが知らないだけで、まだまだ素敵なお花はたくさんあるんだろうなぁ。

ちょっと勉強してみようかな?


営業企画部
ミズタニ

2017年06月02日

サークルというフェスに参加すべく、友人とはるばる福岡まで行ってきました。

お天気にもめぐまれて昼間から音楽にカラダをゆらゆら揺らしつつお酒をグビグビ。

こ、これは…
最高やないかー!

もちろん博多グルメもぬかりなく。



博多ラーメン!



もつ鍋!

ぜんぶおいしい。
もう、全部おいしい。
さ、最高やないかー!

すっかり太って帰ってきた私です。
※悔いはありません

営業企画部
ミズタニ

2017年05月22日
苦労して山頂まで歩いて眺める壮大な景色は美しい。
標高が高いほどその喜びは増すと思う。
ただ山の良し悪しを山の高さと山頂からの眺めだけで決めるのは勿体無い。
山の懐深くにある渓谷、幽邃な森林、岩壁、獣たちも山の美しさの一部だと黒部を愛した冠松治次郎氏は昭和37年に語っている。
私はこの言葉に感銘を受けた。驚くほど山と渓谷を愛してしまった自分がそこにいた。

営業企画 山本
(写真:台高山脈・宮川水系堂倉谷本谷)
2017年05月10日
先日、名古屋にオープンした、LEGOLANDに行ってきました。
ディズニーの夢の国、ユニバーサルの映画の世界とは違い、
まるでおもちゃ箱に入った気分になれる世界でした。
レゴで作られたミニチュア模型はとても圧巻で、
レゴの形をした乗り物には、子供たちが大喜びでした。

営業企画部 渡邉
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 12 次のページ»