ホームスタッフBLOG
スタッフBLOG
スタッフBLOG:271
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 14 次のページ»
2019年07月22日


最近時計を買いました。

理由は壁掛け時計が突然落下して壊れたためです。。

なので置き時計にしました。

この前は腕時計が止まったので電池を交換しました。

交換しても腕時計は動きませんでした。。

そして保証書が行方不明になりました。

チープカシオだけは止まることなく頑張ってます。

北海道にはでっかいカラクリ時計があるみたいです。




営業企画部 黒部
2019年07月04日
一時期とても髪が短い時期がありました。
その時に少し派手なメガネにハマり、
あれよあれよと増えて全て同じ度数で17本。
12本入る専用ケースが2つあって当時は全部埋める気でした。

髪伸ばしたら絶妙に似合わない物も増えてしまい
よくかけるメガネが5本くらい。
バイク用、家用、軽いの、レンズ大きいの、地味めなのなどなど。

ブルーライトカットレンズが気になるものの
レンズを替える金額を考えただけで恐ろしいです。


営業企画部 岡
2019年06月25日
先日とある大先輩より貴重な本を頂戴しました。
大阪わらじの会の遡行記録集です。
大阪わらじの会は昭和38年に創立された沢専門の山岳会です。
より高く、より困難な登攀をスローガンにヒマラヤを目指す人達がいた中に
谷歩きこそが日本古来の登行手段と信じて、未だに全容が解明されていなかった
大峰・台高の渓谷の踏査を行いました。その結果素晴らしい渓谷が紹介されて
多くの沢屋が大峰・台高の渓谷を目指すこととなりました。
先人たちの血と汗の結晶がまとめられたこの記録集を
山屋としてよちよち歩きの未熟な私が所有していいものなのかと考えてしまう。
目を閉じるとまた山に行きたくなる。山は私の青春です。
水や岩や樹木や音や匂い、全てが私を虜にしてしまう。
私は山に恋しているのでしょうか?きっとそうなんでしょう。

営業企画部 山本
2019年06月19日





久々に家のサボテンの成長具合を確認しました。




226日、約7カ月




二つツノが生えてきました〜




しかし全体的にしょぼしょぼしてきて少し心配です。





生物ってのは面白いですね。





営業企画部 黒部
2019年06月06日
こんにちは!
最近ジメジメしつつ、暑くなってきました。。。。
私の苦手な季節ですが、BBQとかビアガーデンとか、
ビールが美味しく楽しく飲める季節なので楽しみでもあります。

最近、燻製用の土鍋を手に入れたのでおつまみ作り放題です。
昔家の庭で燻製にチャレンジしたのですが煙がものすごくて。
(近所迷惑ととても怒られました)
このお鍋は煙が出ないという優秀さ!

チーズ・ベーコン・ゲソでチャレンジ
とにかくすぐ食べたかったのでゲソは一昼夜風に当てるとか無視。
結果は味がなく、噛み応えしかない仕上がりになりました。

チーズ・ベーコンはとてもおいしかったのでリピートしつつ、
他の食材にもチャレンジしていきたいです。

飲みすぎないように気を付けなければ・・・。

営業企画部 岡
2019年05月20日
国土地理院の地形図を見ると佐目子谷川は支流ながら長い流域を確認できる。
沢のガイド本には輝緑凝灰岩が存在する険しく複雑な渓谷を形成しているとある。
標高差は800mほど。そこを5時間ほどかけて登る。一般登山道なら2時間ほどで歩ける。
こりゃ体力勝負ですなと皆で確認する。
入渓後は水量も少ないが何度も渡渉を繰り返す。巨岩をひとつひとつ登るのでなるほど時間がかかる。
春秋の季節は足の揃ったパーティーでないとヘッドランプ下山になる。
途中の支流にある姫ヶ滝は落差40mの段瀑で見事。くの字に曲がっているので上部が見れないのが残念。
水の道を忠実にこれでもかというくらい歩くと少しずつ斜度が増していく。
水量が少なくなると沢を離れてやや踏み跡のある斜面を登る。
水濡れで体力を消耗した足に渇を入れて歩く。きついが高度をしっかり稼げるようになる。
木々の向こうに空と稜線が見えてきたと思うと
ドンぴしゃりで佐目峠に出た。
やれやれと感じた。ただあいにく恐ろしいほどの暴風雨が待ち受けていたので合羽を羽織ってすぐ退却。
下山は歴史のあるフジきり谷をひたすら下る。踏みなれている道だが距離はある。
ただ日没の心配も無いので安心下山。
、技術的には難しく無い沢でしたが鈴鹿特有の明るい沢と新緑が美しく、いい時間でした。


2019年05月15日



GWに実家に帰省しました。(名古屋なのでしょっちゅう帰っていますが、、)


実家に帰ると猫がいて癒されます。


寝室にいたら勝手にドアを開けて入ってきてびっくりしました。


別に猫の手も借りてでも扉を開けたいわけではなかったのですが、


猫の手を借りてしまいました。

営業企画部 黒部
2019年05月08日
4月末に1泊で沼津へツーリングに行ってきました!

本当は香川県に行くつもりでしたが天気予報で雨だったので断念し、
伊豆に行こうとしましたが途中で間に合わなさそうだったので沼津~浜松を満喫してきました。

1日目は沼津港でたくさん食べてお酒も飲んで泊まって、
2日目は浜松餃子をたくさん食べて帰りは雨に降られ

初浜松餃子は調子にのって食べ過ぎて苦しくて、そのあと休憩しないとバイクに乗れないくらいでした。
思っていたよりも列が進むのが遅くて気づいたら二時間半、お腹すきすぎてついつい・・・・
野菜多めのさっぱり系で美味しかったです。


夏用ウェアを買ったので次は夏にどこか行く予定です。

営業企画部 岡
2019年03月29日
24 Mar 2019
ヒミズ谷 綿向山 鈴鹿

今年の沢一番には綿向山のヒミズ谷
2年前の11月に入渓したのが最後。
あまり難しい印象は無かったのですが今日は苦戦しました。
滝のホールドを探す際に水が冷たくてだんだん感覚が無くなってきた。
また前回は気にならなかったヌメリがあったので確保無しで登るにはいまひとつ足が出ない。
かなり細かいスタンスでヌメリもあるなら、やはり確保はほしい。
落ちると多分相当のケガするかもしれませんしれない。支点を構築するにもリスも無く、
ナッツもハーケンも打てない。
誰かが上からロープを出してもらうしかない。
確保無しで直登はあきらめ、捲きを選択したのですが
悪い斜度のあるドロドロの草付きでしたのでヒヤヒヤしました。

それにしても寒かった。後半は谷が氷と化した雪で覆われていて
今度は沢靴では歩きにくい。足と手の感覚が一時無くなり、
いろいろな所での判断もいまひとつ。課題の出た初沢でした。
沢を詰めると表道の8合目あたりに出たので山頂は行かず
そのまま震えながら登山道より下山しました。
2019年03月08日
始まりがあるコトには必ず終わりが来る。

実は始まった瞬間から刻一刻と終わりに向けて進んでいきます。
このセカイに、この星にいる限りどんな事もそうです。

Say HelloとGood byeはいつもセットで存在するんですね。

でもサヨナラのあとには
また新しいはじまりがある。

そんなことを繰り返し繰り返し
何度も何度も循環させながらすすんでいく。

廻っていく。


そうやってこの時空間の在るセカイでの日々は続いていきます。

「何かが終わり、また何かが始まるんだ。」
こうしてずっと、この世界は廻っている

そんなメロディーを口ずさみながら、
今日も僕だけが行ける世界で閃光はかけていきます。


営業企画部 岸本





2019年03月05日
【月 日】平成31年2月24日 
【場 所】オゾ谷~クラシ(鈴鹿)

今年は雪が少ない。そう思いながら歩いた。
鈴鹿の奥座敷といわれるイブネ・クラシを目指して最後に山頂直下の狭い谷を直登した。
6本アイゼンを装着、ピッケルが必要なほど傾斜が増してきた。
長靴では蹴りこみが浅く感じる。バランスを崩すと何十メートル滑り落ちるかなと
やや緊張ぎみに登る。今回は装備が甘かった。
前ツメのあるアイゼンならもう少し安心だった。
歩きやすそうな尾根に向かって落着いてトラバース。
ところどころあった踏みぬきが恐ろしかった。春山の怖さはここにあるなあと実感。
木の根や細い枝を頼りに何とか山頂に到着。
上から見ると凄い斜度。山頂の雪は少なかったですが谷の直登はやっぱり面白い。
自分はやっぱり沢屋さんです。

営業企画部 山本
2019年03月04日


コーヒーに対して何もこだわりもなかった私ですが、

コーヒーブームの波に飲まれました。

ステンレスのドリッパーは店員さんが「実は私も狙ってます」

というので、そんなにいいんだなぁと思いお先に買ってしまいました。

フィルターも麻でできていて再利用できるらしく買いました。

コーヒーおいしいです。


営業企画部 黒部

2019年02月08日
昨日都内某所で晩御飯を食べていました。

夜9時。
充実しつつも疲れたなぁなんて思いながら、ひとり焼き鳥屋さんで晩御飯。

とても美味なお店なんですが…

締めのおにぎりのオーダー時にそれはおこりました…


自分「特大おにぎりお願いします。」

定員さん「え…?………いや…でも顔位の大きさありますよ?いいですか?」

自分「え!っと、(え、カオ位ある?ん?どゆこと?)どしよかなぁ?。」
「(でもゆっても240円やしそんなん大げさなんじゃないん?)」

定員さん「コンビニのおにぎり10個分くらい。ま、半分くらいにしとく?5個分くらい」

自分「(なんかさらっとすごい事言うなぁ)え、あ、うーんとぉ。じゃそれで………?」


そして画像のおにぎりが来ました。
(半分でこの大きさ…
ほんと顔のサイズのやつにしなくてよかった…。)

(というかやっぱおにぎり2個分くらいで頼めばよかった…
うわぁ…締めにこの量??)

(ハーフなのに
後ろのI PADの高さと同じぐらい高さあるやん…)

味重視の店でこんなサプライズがあるとは思いませんでした。
生きているといろいろ面白いことがあるもんですね!

かなりムリ無理半泣きで?人生で食べた一番大きいおにぎり。
いや、いい思い出です。














2019年01月30日
こう見えてこのお方は15歳。
人間なら何歳なのかと聞かれると5倍とすれば75歳。
好物のジャーキーを見せると突っ走ってくる。
ただ最近朝の目覚めが遅くなった。
寒いからか布団から出てこない。
毎日歯磨きをしている。
水も入れ替える。
風呂もまめに入れている。
散髪もする。(素人なのでガタガタになる。)
本人はあまり喜んでいないよう。
仕事を終えて家に帰る。鍵を開ける瞬間にわんわん吠える。
毎日それが嬉しい。今日も無事に元気に待っててくれていると感じられるから。
2019年01月22日




先日楽器屋さんでギターのピックを見ていたら面白いピックを発見したので買ってしまいました。

国道23号線の標識そのまんまのピックです。

国道23号(こくどう23ごう)は、愛知県豊橋市から三重県伊勢市へ至る一般国道である[1]。byウィキペディア

名古屋の南や桑名、四日市など中部地方の海の近くを通って通称 名四とも呼ばれています。(めいよんと呼ぶ人が周りには多いです。)

一般国道ですが車線が広く信号も少ないので周辺の移動には重要で便利な道路です。

一方トラックが非常に多くは知っているので少し怖いです。

ちなみに弊社は国道23号からすぐです。

ほかにも中部地方の他の国道や県道のピックもありました。

自分の好きなものだとネタ的なものでも買ってしまいますね。


2019年01月17日
こんにちは。

最近こんなものを見つけました。

ドラえもんのバスボムです。

なんか子供じみている感じもしますが…。

というか…子供に大人気だそうです。

秘密道具に惹かれて購入。

どこでもドア狙いが、タイム風呂敷でした。

お風呂もウルトラマリン色になって楽しかったです。

きっと未来はすぐ近くに来ているんでしょうね。いまがみらい。

もうすぐ車も飛びそうです。

そんな感じがする、今日この頃でした。


営業企画部 岸本

2019年01月11日
年越しからそんなに経っていないのにもう二ヶ月くらい過ぎたような感覚です。
大掃除して部屋から物が減りましたが今年も自分の描いた絵を捨てることができませんでした。

昨年は何かにつけてカピバラに出会えました。
ちょっとだけカピバラブームでこのなんとも言えない表情がなんだか心惹かれます。

富士サファリパークでは2ショットも撮りました。
いまだかつて体験したことのない距離感でばっちりカメラ目線。
想像通りの固くてしっかりした触り心地でした。

柄にもなく自撮りしてしまうぐらい楽しかったです。


動物園や水族館が大好きで、遠方にも行きたいところが沢山あるので今年はいっぱい遠出をする年にしたいです。
今年こそは長崎にあるペンギン水族館に行きたいです。

営業企画部 岡
2019年01月09日
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

お休みを頂戴して年末と年始はインドネシアまで行ってまいりました。
ジャワ島東部にございますマランという町にこのカラフルな集落がありました。
この集落はワルナワルニ村と呼ばれています。
何も産業が無い中、村中の屋根や壁をカラフルにすれば観光客来るのではと
行政と村の方々が思い、実行したところ、結果は大当たり。
このエリアでは有名な観光地となりました。
いい話だなあと思いながら、カラフルな村をぶらぶら楽しく歩きました。

営業企画部 山本
2018年12月28日

今年も残り僅かで、今年は何があったか考えていました。


世の中の変化がすごく早くなったような気がします。


もしくは年を取って自分が遅くなったのかもしれません。


とりあえず、なんちゃらPAYには置いて行かれました。


またいい一年になるのを願っています。



営業企画部 黒部
2018年12月17日
こんにちは。

すこし前になりますが、ちょい旅に出ていました。

久しぶりの福岡。
天神の町が好き。

用事をすまして、
あとは友人が車でいろいろ案内してくれました。

糸島はじめて行きましたがとってもよかったです。

旅はライフワーク。

旅は「新しい」をみつけることが出来る。
そしてすすむことができる。


写真はセントレアに帰ってきたとき
あまりに沈む夕日がキレイだったので、パチリ。

朝日も夕日も心をクレンジングしてくれます。

ということで住みたい街の一つ 福岡の旅編でした。
(写真セントレアだけどね…(笑))


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 14 次のページ»