ホームスタッフBLOG
スタッフBLOG
スタッフBLOG:236
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 12 次のページ»
2018年08月09日
こんにちわ。
暑い日々が続きますね。
夏バテには気を付けていかないといけない今日この頃。

そして、そう、しっかりと
スタミナもつけないといけない。

うん、そうだ、スタミナをつけようということで…。
焼きました、「牛肉」。

京都のおにく。

しかも部位は…「うで」
うで、アーム?、うでです。

スーパーの夕方セールで300円引き!!
部位に惹かれて思わず買ってしまいました。

さっと焼いて、石垣の塩で。
飽きたら、少しワサビ、そして少し柚子胡椒。
そして、デイリーなイタリアのスパークリングワインを合わせて。
(しかも赤泡です!!)

うーんイタリアのワインはなんか安くても馴染むものが多いです。
皆さん、スタミナとちゃんと水分もとって夏を乗り切りましょう!!

営業企画部 岸本
2018年08月01日
こんにちは!岡です。
もう先月の話になってしまいましたが、
奥飛騨のクマ牧場で色々なタイプの子に出会いました。

おやつを持っていると走って寄ってきてくれるし
めっちゃ愛想を振りまいてくれますが、
なくなったことがわかった瞬間めっちゃ無視してきます。

ここまできれいな手のひら返しを受けたことがないので複雑でした。


それぞれ個性があるのでずっと見てても飽きない素敵な場所でした♪

写真は岡の一番お気に入りのクマさんです。
2018年07月09日
こんにちは、岡です!!

少し前のことですが、
動物さんたちが沢山いるカフェに行って触れ合ってきました。
カワウソが目玉のカフェでしたが岡が一番ときめいたのはプレーリードッグちゃんでした。

つぶらな瞳にぽってりした体・・・
ダッシュで近寄ってきてくれて撫でてと顔を近づけてくる仕草がたまりません。

回し車の上に座るという貴重かもしれない写真を撮ったので是非見てください!!

このうしろ姿もたまりません・・・。

2018年06月27日
写真のS字スラブ状12m滝の最初の一歩が嫌らしかったですが面白い沢でした。
直登できる小滝が多く、印象に残る沢でした。
鎌ケ岳への登山道には少しの藪漕ぎで到達できました。
山頂には行かず快適な登山道を一時間ほど下ると登山口に到着。
今日も無事皆ケガ無く下山できました。
水量も多く沢二級でした。
2018年06月05日
車持ってないけどMT免許、いつもバイク通勤の岡です。

詳しくないですが乗るのは好きです。

今お世話になっているバイクはSUZUKIのInazuma400
子どもの頃に初めて見てからずーーっっっと
「青いイナズマに乗りたい!」
と思い執念で探し続け、2016年12月にフルノーマルを見つけ出しました。


中型でありながら大型と同じ車体、、、素敵です。

大型免許も持っているのでいつかチャレンジしてみたいです。


営業企画部 岡
2018年05月30日
鈴鹿山脈の鋭峰鎌ケ岳の西鎌尾根中間部を源頭とする松山谷を遡行しました。
花崗岩の白さが美しかったです。
3段25メートルの斜滝は高度感ありますが階段で簡単でした。
核心の10m滝は正しい登攀ラインを水流から少し外れたので岩盤が脆くやや難儀しました。
トップ、確保無しのフリーでしたがオンサイト出来ました。
詰めは藪漕ぎも少なく、楽に登山道に出ることが出来ました。
鎌ケ岳の山頂はいつも人でたくさんです。
低山ですがアルパインの雰囲気が出ている山で好きです。

山本
2018年05月02日
こんばんは、岡です!
初めての日記更新です。

昨日はお休みをいただき、愛知県は知多半島にある某所で
手ぶらバーベキューに行ってきました。


バーベキューの食材も様々ですが、たいやきを初めて見かけて

「(わざわざバーベキューで)なぜたいやき・・・・・」

と思いましたが、ついつい買ってしまいました。

外側サクサク、あんこぎっしりで美味しかったです。
バーベキューにたいやきアリです。皆様もぜひお試しください!

写真真ん中のほっけが岡一番のお気に入りで
めっちゃ分厚くて塩辛すぎず美味でした。


営業企画部 岡
2018年04月03日

キテます。
あいかわらず食べ物ネタの多いわたくしミズタニです。

最近キテいる食べ物が、たまごサンド。
ゆで卵をつぶしてマヨネーズで和えた定番も大好きなのですが、とくにハマっているのが、厚焼きたまごのサンドイッチです。

パン屋さんや専門店、昔ながらの喫茶店のものなどいろいろ食べ比べています。
個人的には分厚くて甘めのたまごがGOOD!

すっかり暖かくなって、お出かけシーズンの到来です。流行りの「おしゃピク」やってみようかしら?

おいしいって
しあわせ。


営業企画部
ミズタニ

2018年03月13日
ソノドと呼ばれるカタカナ三文字の山に行きました。
恐らく20年以上に廃道となった沢沿いの道を歩きました。
藪が凄まじく前進はなかなか困難でした。
また持参したロープの長さが短く、滝を下る際にやや難儀しました。
鈴鹿らしい二次林の美しさと久しぶりの沢でした。
雪、登山、沢となかなか面白い山でした。

山本
2018年03月01日

青森から友人がリンゴを送ってくれました。
さっそく食べてみようと半分に切ってびっくり!輝かしい蜜がたっぷりで、表面からジュワ~っとあふれ出てきます。

ああ、もう…
すでにおいしい!
(まだ食べてない)

ジョナゴールドと王林という2種類を送ってくれたので、両手にもって贅沢に食べ比べ。

こんなに甘くてジュウシィーなリンゴがあるなんて、わたしが今まで食べていたのはリンゴみたいな何かだったのではなかろうか…。

そういえば昔テレビで青森の人は利きリンゴができる(種類がわかる)説というのを検証していて、みさなん簡単に当てているのをみたことがあります。

こんなに美味しいんだもの、わたしも利きリンゴができるようになるまで食べてみたい。

おいしいって
しあわせ。


営業企画部
ミズタニ

2018年02月13日
2月も中旬にさしかかりましたが、
まだまだ寒く、雪が大変なことになっています。
籐芸がある三重県桑名市は雪こそないものの、
例年以上に寒く感じます。

週末、家族で散歩するにも完全防備。
皆さま、風邪をひかないよう暖かくおすごし下さい。
春はあともう少し!

営業企画部 渡邉
2018年02月01日

魅惑のたべものに出逢ってしまいました…

表面はこんがり焼けたカリッカリのパン。
中はベシャメルソースたっぷり、ひたパン。

もちろん前から知ってるお料理ですが、ここ最近、全国的に極寒じゃあないですか。
そんなとき、震えながら訪れたお店のおすすめメニューとして出逢ってしまったわけで。
そりゃあもう…最高かつ極上なわけで。

ハフハフしながらあっという間にペロリ完食。おかわりしたい…

一緒にいた友人がこぼした「パン・マカロニ・ベシャメルソースて小麦粉だらけやん、太るで~」なんてセリフは完全スルーです。

おいしいって、
しあわせ。


営業企画部
ミズタニ

2018年01月22日
日本コバと呼ばれる珍しい名前が山頂についている山に行きました。
藤川谷よりのルートが一般ですが今回は筒井峠より入りました。
林道は冬季封鎖ということでしたがゲートなどが無く、恐る恐る運転してなんとか
登山口に到着。
夏でもあまり人が入らないルートなので冬は完全な貸切でした。
スノシュー、かんじき、それぞれの道具で新雪を楽しみました。
冬山の魅力は夏と違いどこでも歩けるということ。
泥の斜面や落石が多いルンゼのような箇所でも雪のおかげで直登できます。
ルートを外してしまいましたが無理やりな軌道修正で山頂を踏めました。
地図読みと現在位置の把握には神経を使いますが静かな冬の山はやはり素晴らしい。

山本

2018年01月05日

あけましておめでとうございます。

もう年末かぁ・・・
一年早いなぁ・・・

なんてぼんやりしていたら、あっという間に年を越してました。

特別なことはなにもないですが、家族みんなで無事に新年を迎えることができ「なにより幸せじゃないか~」とお雑煮の餅をのばしながら思った次第です。

みさなまはどのような年越しだったでしょうか。

昨年中は大変お世話になり、本当にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


営業企画部
ミズタニ

2017年12月25日
君ケ畑の集落より雪が目立ち始めたが、まだ2駆の軽自動車でも走行可能だった。
行けるところまで進もうと決めて、どんどん奥に進んだ。
幸い登山者用の駐車場まで入ることが出来たので、そこで着替えをして入渓。
長靴での渡渉は快適で、どんどん距離を稼ぐ。
今日は山頂まで詰めることなく、堰堤でゴールとした。
雪の沢はただ美しかった。
営業企画部 山本
2017年12月11日
僕の住んでいるすぐ近くには、
山を切り開いた大きな公園があり、
絶好の散歩道があります。

久しぶりに子供たちと散歩しに行きましたが、
運動不足がたたって、足がパンパンに。
せっかくの、いい風景も楽しむことなく、
必死な散歩でした。

営業企画部 渡邉
2017年12月01日

友人とお茶をすることになり、「行ってみたいお店があるから、現地集合しよう」と言うので支度をして車に乗り込み、LINEで送られてきたお店の場所をナビで検索。

あれ?ここって…

年に1回、多くても2回ほどしか通らない、山を越える道沿いにぽつんと佇む落ち着いた雰囲気の建物。
2年前くらいから通るたびに、なんの建物?とぼんやり思ってはいたのですが、前を通るだけで看板の文字がきちんと読み取れず、「蕎…?」お蕎麦やさんでもできた?と、ほとんど気にも留めていませんでした。

ナビはその建物の場所を指しているのです。
行ってみて看板をあらためて見てみると…

「珈琲 菱屋」

…蕎麦屋ちゃうやん。
お店の裏にある大きな池や木々を眺めながらおいしいお団子と珈琲をいただけて、ゆったりした時間を過ごせるとっても素敵なお店でした。

お店の方に、いつから営業されているんですか?と聞いてみると「もう11年くらいですかね~」と。

…気づくの遅っ。
2年前どころじゃなく、ずーっとここで営業されていたそう。
普段どれだけぼんやり生きているんだ私は。
もっと早く行けばよかった~


営業企画部
ミズタニ

2017年11月21日
11月にもなると沢の水もいよいよ冷たく感じる。
漬かるのは腰までが限界でそれ以上になると本当に辛い。
カッパを着て滝を正面より挑んで突破するのも水量次第での判断となる。
手も足もかじかむ。ロープを出し後続の確保のためしばらく水を浴びて全身が冷えた。
それでも沢とサヨナラを言いたくない。
今朝通勤中にふとバックミラーを見ると鈴鹿の山が白い。
もう雪か、、、。秋は短いなと寂しい気持ちで会社に向かった。

ヒミズ谷 綿向山 鈴鹿山系

営業企画部 山本
2017年11月02日

ごはん(炭水化物)だいすきなわたし。

最近「いっぱいおかずが食べたい!」欲が出てまいりました。
まぁ、食いしん坊ってことになんら変わりはないのですが。。。

小鉢がたくさんのランチや、おかずが選べる定食屋さんなんてもう、最高…!

今年もやっぱり、
食欲の秋。です。


営業企画部
ミズタニ

2017年10月25日
鈴鹿の山は南北に長く、標高はせいぜい1200メートル程度で低山とされている。
憧れを抱く北アルプスや中央アルプスよりスケールは小さい。
他の山域のことをあまりよく知らないが鈴鹿の山を歩いていると人と山の歴史を感じる。
かつては近江より伊勢に抜けるには鈴鹿の山の峠を超えて往来することが多かった。
様々な人たちが歩いてきた道は今でも登山道として利用されている。
炭焼き窯跡や旅の無事を祈った巨岩など確かに歴史を感じられる。今より山は人々にとって身近な場所だったのだろうと思う。
私も鈴鹿に岳人として育てられた。初めての冬山も鈴鹿だった。
白の世界。音が無い世界、春は新緑がまぶしく命を感じる世界。
いつの季節も私は山の虜だった。
今月に入り天候の関係でなかなか山を訪れることが出来ていない。
もうすぐ紅葉で夏の名物である蛭ももう休眠している。
どうやら鈴鹿に恋をしているようで、今は遠くから山を眺めて募る気持ちを抑えている。
営業企画部 山本
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 12 次のページ»